総合職社員北原から見たMaster'd

Staff voice 北原茂信 総合職社員北原から見たMaster’d

北原茂信1

2016年10月入社

課長北原茂信

自分が一生懸命やった分だけ、お客様から”感謝”という形で返ってくる、それが総合職の醍醐味です。

この仕事を選んだきっかけは何ですか?

求人を見て、「常に楽しく」のモットーと、時間と業務の管理が裁量に任されている点に魅力を感じたのが、この会社を選んだきっかけです。前職は広告代理店勤務で、通信業界は初めて。異業種からの転職だったので不安はもちろんありました。年齢的にも転職する機会が限られていたことや、家族の後押しもあり決心しました。

北原茂信2

この仕事のやりがいは?

やればやる分だけお客様から感謝されます。例えば自分が現場に行った際、お客様から依頼された工事をするのですが、自分で状況を判断して、工事をした配線周りが汚れていれば拭き掃除をするなどの気遣いをプラスするようにしています。もちろんそれは業務ではないので、通常やらなくてもよいことです。しかし、こういった気遣いにお客様は大変喜んでくださいますし、満足度や、お客様との関係性にもつながります。そういった部分にやりがいを感じています。

北原さんから見たマスタードはどんな会社ですか。

一言でいえば、フランクな会社です。会社や社長の想いに共感している人たちが集まっている職場だと思います。当初はこんなにオシャレなオフィスだとは知らなかったのですが、実際働き出して、オシャレなオフィスに、若い人達が多く、馴染みやすい職場だなと思います。

北原茂信3

職場の雰囲気について教えてください。

私が入社した時点で、私より若い方たちが多かったので、皆さんお昼ごはんも一緒に食べたりと、とても仲良くされています。私は現場に出ているので、会社にいる事はほとんどありませんが、帰ってきた時は皆さん和気あいあいとしています。社長や課長などの管理職と現場の社員との距離が近いので、すごく風通しの良い会社だと思います。質問したり、自分の意見を伝えたり、普通の会社だとなかなか社長や上司には言いづらいと思うのですが、ここではそういった事がなく、とても雰囲気が良いです。

入社後一番思い出に残っている事は何ですか。

とても武骨で話しづらいお客様がいらっしゃいました。しかし、仕事上の話を聞いているうちに、だんだんと昔話など色々お話してくださるようになりました。フランクに世間話をするようになり、現場での仕事が始まるころには、かなり打ち解けてくださるようになりました。最後には、「これからもマスタードさんに任せるから辞めないでね」と言ってくださるほどになりました。奥様からもお気遣いいただき、その後も行く度に、本当に感謝してくださいました。このお客様とのお仕事を通して得られた信頼関係は、今でも心に強く残っています。

学生時代に学んだ事、経験した事で入社以降役立っている事はありますか?

学生時代は野球をしていました。野球を通して上下関係を学びました。この会社はすごくフランクですが、社内だけではなく会社の関連先の方やお客様に対しての礼儀を徹底し、相手も私も気持ちよくお仕事ができるよう心がけています。これは野球から学んだ上下関係からくる礼儀が大きく役立っていると思います。

今後の目標や夢は何ですか?

北原茂信4

結婚してまだ1年経たず、典型的ですがマイホームを建てて家族と幸せに暮らせたらなと思います。独立は考えておらず、会社と共に自分も成長していきたいです。一従業員として新しく入ってこられた方の現場の直属の上司という形でやっていきたいと思っています。

最後に、応募される方にメッセージをお願いします。

老若男女問わず、転職・就職という人生の大きな節目で、入社を悩まれていたり検討されていると思いますが、とても良い会社ですので、迷われているのならぜひ入ってきてほしいです。もちろん仕事なので大変ですが、どんな仕事でも楽な仕事はありません。大変ですがやりがいのある仕事なので、覚悟を決めて飛び込んできてください!

Master’dは質問しにくい雰囲気もなく、コミュニケーションの取りやすい会社です。土日祝は完全に休みなのでプライベートももちろん充実できます。実際に私も入社以降一度も土日祝の出勤はないので、そのあたりは安心して頂けると思います。

社内を見ても色々なタイプの人間がいます。明るい方もインドアの方もそれはそれぞれ個性なので、どんな方でも応募してほしいです。挨拶がきちんとできる人なら、Master’dになじめると思います。

Holiday
休日の過ごし方

  • 奥さんと大阪城

    休日に奥さんと大阪城へ

  • ららぽーと千里丘でのガンダムの写真

    ららぽーと千里丘のガンダム

  • 好きな海外旅行 ラスベガスにて

    好きな海外旅行・ラスベガスにて

  • 和歌山の世界遺産 鬼ヶ城付近で

    和歌山の世界遺産、鬼ヶ城付近で

One day
北原さんのある1日

北原さんのある1日

9:00 現場直行

お客様とのアポイントに合わせて、会社には寄らず現場に直行します。早い時で6時に行ったこともあります。

9:30 打合せ

お客様のところに到着すると、打ち合わせや、機器類の保守メンテナンスなど、ご要望に応じて対応いたします。

10:30 次の現場へ

1件目の訪問が終わると、次のお客様のところへ向かいます。1日に数件このような訪問をします。

12:00 昼食休憩

現場の近くのお店ででランチをとったり、新婚の奥さんの手作り弁当を持参して食べる日もあります。

13:00 帰社

昼食休憩が終わると、いったん会社に戻ります。訪問先で使う書類の準備や、報・連・相のための時間です。

14:30 後輩と同行して営業

午後からの現場に向かう際は、後輩を連れていきます。自分の営業する姿を見せたり、後輩の営業に同行して確認することもあります。

16:00 後輩の指導

次の現場に行くまでに、車の中や喫茶店などで次の営業先の打ち合わせ、機器類の説明、営業についての指導などを行います。

17:00 本日最後の現場へ

後輩を同行して、最後の現場に行き、お客様との打ち合わせや保守メンテナンス、後輩の業務のチェックを行います。

18:00 帰社

各現場での打ち合わせ議事録まとめ、日報を書くなどの1日の事務作業をまとめて行います。

19:00 退社

事務作業が完了して、1日の仕事が終わりです。明日の訪問先を確認したら、家路につきます。

― 他の社員の声 ―